zeki diary

zeki72.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 08月 29日

光と影と

影が濃く見えるのは、光が強いということと、影の元となる対象物が光を通さない強さを持っているということ
光が弱ければ影は出来ない
光が強くても、その光を遮ることができなければ影は出来ない
もちろん光を遮るモノがあっても、光そのものが無ければ影は出来ない

光と影の関係性は、人と人との関係性にも当てはまる
どちらが優れているとか、どちらかがいなくても成立する、というものではない
光と影の間にあるのは、尊敬や優しさのような、気持ちみたいな見えない何かではないかな?

光と影、影と光
一人ひとりが光であり、影でもあると思うのです。

b0031725_10104827.jpg


by zeki72 | 2012-08-29 10:32 | style | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://zeki72.exblog.jp/tb/18900171
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by K at 2012-08-31 08:15 x
はじめまして、ハニーベアちゃんのところからまいりました。福島市出身、浜松在住です。東北をまわってくださったのですね!うれしいです。

こちらの美しい写真は、もしや、私がふだん生活で見ている風景なのかしら?という気持ちにさせてくれました。

そして、光と影、いろいろなことを感じました。まさに今は、いろいろな意見が錯綜して、何が本当かわからない面もあります。私自身、福島を愛していますが、福島を離れているという以上、本当に福島のことを語れないのかもしれない、語ってはいけないのかもしれないと時々思います。

でも、外にいるからこそできることをしていくしかないのだな、というのがいつも最後に思うことです。

浜松にリアルに、東北や福島のことを語り合える友達がいないので、ベアちゃんのところの「浜松から・・」という言葉が嬉しく、書き込ませていただきました。

ありがとうございます。
Commented by zeki72 at 2012-08-31 22:28
Kさん
はじめまして、書き込みありがとうございます。
慌しい毎日の生活の中に、たくさんの景色が埋もれてしまっているのかもしれませんね。
福島にいることで分かることや出来ることがあるのと同じように、浜松にいることで分かることや出来ることがあると思うのです。
でも、正直言うと、福島を始めとした東北地方も浜松も、同じ日本なので分けて考えるのがおかしいとは思うのです。
今だからこそ、いろいろな立場のいろいろな考え方を集めて、復興に向かっていくべきだと思います。
浜松から東北を支援して、日本を再生していきましょう。


<< お知らせ      発想 >>