zeki diary

zeki72.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 04月 15日

思うこと

僕が結婚式の撮影で気を付けていることは、新郎新婦をはじめ、会場に集まっている人達が笑顔でいられるお手伝いをするということです。
「みんなが笑顔でいられる」当たり前のことかもしれませんが、実際の結婚式では意外と怒っている方が多いのです。
それは、友達の結婚式に出席して自分も体験していますし、結婚した友達の口からも聞く話なんです。

いろいろな意見があるとは思いますが、どうしても主役である新郎新婦が残念に思われることが、結婚式には多々ある気がしてならないのです。
何度も繰り返すことになりますが、主役が誰で、誰のためのイベントなのか?
周りにいるスタッフはあくまでもスタッフなんです。
長い準備期間を経て、莫大な金額の発生するのが結婚式です。

写真撮影で結婚式をお手伝いする以上、カメラマンはあくまでも主役である新郎新婦に「ありがとう」を頂けるようにするだけなんです。
サービス業のプロ、それがカメラマンだと思うのです。
b0031725_1846981.jpg


by zeki72 | 2008-04-15 19:08 | style | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zeki72.exblog.jp/tb/8397438
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 春の色      花屋さん >>